畳を新調する

中欧な雰囲気の外壁

畳替えを検討するにあたって留意すべきことは、畳替えの時期と手順です。 まず、畳替えが必要な目安としては、変色、毛羽立ち、臭い、凸凹などの弾力性劣化など、違和感を感じる時期となります。畳自体には、特に寿命など定められたものはなく、畳の種類、普段の使い方、部屋の環境(日当たり加減など)によって変わります。大凡の目安としては、通常3年から5年程度で畳替えを検討する例が多いです。 次に、畳替えの手順ですが、畳替えの仕方(種類)によって異なります。畳替えの仕方には、大きく3種類あります。新しく畳を取り換えること(新畳)、現在使用している畳の表面及び縁を張り替えること(表替)、現在使用している畳の表裏をひっくり返し裏面に新品の縁をつけること(裏返し)です。

畳替えには、新畳、表替、裏返しの大きく3パターンの種類がありますが、それぞれ価格相場が異なります。基本的には、価格が安い順番に並べると、裏返し、表替、新畳となります。 裏返しは、現在使用している畳の表裏をひっくり返し、縁のみを新品に取り換えるだけですので、最も経済性が高いですが、表裏の状態によって困難な場合があります。 表替えは、新畳よりも相対的に安く交換できます。 新畳は、新品に取り換える作業となりますので、現状寸法を測ることから始まり、畳製作まで手間と作業日数がかかるため最も畳替えに必要なコストがかかることになります。 価格目安としては、一般的には、裏返しが4,000円程度から、表替が5,000円程度から(素材によって15,000円以上)、新畳8,000円程度から(素材によって30,000円以上)となります。