暮らしの必要経費

水色の屏

 家の外壁塗装工事にかかる平均的な費用は、だいたい100万円前後になっています。もちろん使用する塗料の種類によって費用が大きく変わってくることになりますが、ウレタン系塗料を使ってごく平均的な延床面積の一般住宅の外壁塗装を行う場合であれば、100万円前後の費用を一応の目安にすることができます。ただし、実際には、外壁塗装にともなって、劣化したコーキングの補修工事や下地の交換・補修などの工事も必要になるケースが少なくありません。したがって、家の状態によっては、それらの費用も必要になります。できるだけ費用を安く抑えるために、コーキングの補修などを後回しにしてしまう人がいますが、コーキングが劣化すると建物内部に雨水が浸透してしまうようになりますので、省くわけにはいきません。

 外壁塗装を行うだけのリフォーム工事であれば、だいたい100万円前後の費用で済ませることができますが、外壁を張り替えるリフォーム工事を行う場合であれば、その費用はもっと高額になります。一口に張り替え工事と言っても、既存の外壁を撤去せずに、その上から新しい外壁を重ね張りするリフォーム工事もあれば、古い外壁を全て取り除いた上で全く新しい外壁材を張るリフォーム工事もあります。前者の工事の場合は200万円以内の費用で収まるケースが多いですが、後者の場合は既存壁の撤去費用もかかりますので、200〜300万円前後の費用がかかるケースが多いです。前者の工事には、リフォーム費用を安く抑えることができるというメリットがあります。ただし、壁の重量がアップしてしまいますので、事前の建物チェックをしっかりと行う必要があります。