ライト色の床フローリング
水色の屏

暮らしの必要経費

住宅はとても広い範囲になるので、外壁を塗装するとなると大きな費用がかかります。しかし、これは必要な経費なので、費用のことを知り、リフォームに備えることが大事であるといえます。

この記事の続きを読む

かわいいピンクの外壁

競合する

給湯器のトラブルには専門の業者に修理を依頼することが一般的ですが、競合している企業もあることを理解しておきましょう。そうすることによって、より安くお得に修理してもらうこともできる場合があります。

この記事の続きを読む

中欧な雰囲気の外壁

畳を新調する

畳はとても快適な日本の伝統床材です。この快適さを保つためには、畳替えの時期を知ることが大事になります。通常5年程度で張替えをすることになるので、畳の相場などを知っておくと安心です。

この記事の続きを読む

ナチュラルな木の床

慌てないこと

水道が故障した場合には業者に依頼することによって、すぐに修理してもらうことができますが、そのときには慌てないで落ち着いて行動することが非常に大切なので覚えておくと良いでしょう。

この記事の続きを読む

DIYしている人

お店を持つなら必要

お店を持ち経営するのであれば、設備を管理するのも店長の役目となります。このとき、フロアコーティングのことを覚えておくと便利です。特にインテリアショップなどは重量のあるものを動かすことになるので必要です。

この記事の続きを読む

外壁が可能にすること

ナチュラルな雰囲気の部屋

塩化ビニル製の樹脂サイディングは、北米で生まれ北アメリカではシェア半数以上と言われる最も人気の高い外壁材です。日本で人気の窯業系サイディングに比べ軽く耐久性に富み、変色もしないことから最もランニングコストがかからないと言われています。欧米の住宅は寿命が長く、建て替えずリフォームするのが主流ですが、樹脂サイディングはタイルに比べても安価で、割れない、錆びない、汚れが水で落とせる、と北アメリカの気候にも強いメンテナンス性に非常に優れている外壁だといえます。日本では信越ポリマーやゼオン化成などが樹脂サイディングを製造してますが、残念ながらまだそれほど普及していないのが現状ですが、専門の施工マニュアルや施工指導によって初めての工務店でも問題なく施工できるということです。

樹脂サイディングは軽量で、既存の外壁の上から施工しても家屋自体に負担がかからないため、リフォームに最も適した外壁材だと言っても過言ではありません。何より最も外壁を傷める原因となるシーリングが不要なので、高耐久でメンテナンスコストがタイル以上にかからないと言われています。ですので、アパートなどの賃貸住宅を経営されている方などには、既存外壁の上からリフォームもできるのでぜひ知っていただきたい外壁材です。シーリングは一般的に10年もすれば劣化し、その隙間から雨水が入り外壁を劣化させると言われています。シーリング剤を10年ごと、外壁を15年ごとにメンテナンスするのはなかなかのコストがかかりますので、今後リフォームで長く住み続けたい方にとっても最適の外壁材と言えるでしょう。